白井織布工場
奈良県広陵町 織物業 1955年(昭和30年)設立/創業
創業からの蚊帳の製造は、その後の生活様式の変化で、現在の主力商品である襖生地の生産 へと移行しました。その襖生地も建築の洋風化で減少の一途をたどり、現在は織布の技術を生かした ふきんや梱包用生地などの製造を行っています。誰もが満足できる「本物」を作り上げ、愛用したくなる 商品づくりを目指しています。
川端滝三郎商店では、かや織のふきんを揃えております。