株式会社生活春秋
広島県広島市 無水鍋・台所用品の通信販売事業、百貨店・専門店販売事業
1953年無水鍋は、日本で初めてアルミ合金鋳物の厚手鍋として誕生しました。 その原点は、かまどで使われていた、蓋の重い「羽釜」にあります。 羽釜の木蓋は、隙間が少ないため、蒸気を逃がさずふっくら美味しいごはんを炊くことができます。 生活春秋では、その特性を継承し、発売以降、機能と基本デザインを守りながら、使いやすく美しい 商品の提供を続けています。
川端滝三郎商店では無水鍋を取り扱っています。