大阪錫器株式会社
大阪府大阪市 錫製品の製作販売
錫器は、奈良時代の日本にお茶と共に持ち込まれました。神具にも使われ、京都を中心に 製法が発展し、全国に広まりました。錫は、鉄と比較すると融点が低く加工しやすい素材で、 水を浄化し雑味を取り除くとも言われています。お酒がまろやかになるので、酒器にも多く 使われています。大阪錫器では伝統の技術・技法を今に受け継ぎ、手仕事で丁寧に製品を 作り続けています。
川端滝三郎商店では、ぐい呑みやタンブラーなど各種取り揃えています。