小鹿田焼窯元
大分県日田市 陶器製造・販売 開窯 江戸中期
「飛び鉋」と「打ち刷毛目」の技法を特徴とする小鹿田焼は、自然の川の力を借りた唐臼(からうす) で砕く陶土から作られ、全行程を昔ながらの手仕事で陶器づくりを続けています。 伝統の技法に加え、開窯以来受け継いできた窯元の習慣や価値観は、昔と変わらない小鹿田焼の 文化を守っています。
川端滝三郎商店では、飛び鉋のお皿や飯碗を揃えております。