木玉毛織株式会社
愛知県一宮市 ガラ紡糸の製造・販売 1895年(明治28年)創業・1948年8月(昭和23年)設立
「ガラ紡」とは、明治初期に日本で発明された紡績機の名称で、ガラガラと大きな音を立てて糸を 紡ぎます。生産効率は最新機械の1/100程度しかありません。 しかし「ガラ紡」で紡いだ凹凸のある糸は、ぬくもりがあります。 木玉毛織では高速紡績で発生するオーガニックコットン(有機栽培・3年以上農薬化学肥料を使って いない農場で栽培)の「落ち綿」を「ガラ紡」で紡ぎ、その糸を使った商品づくりを行っています。
川端滝三郎商店では、ガラ紡の「布巾」、「食器洗い」を取り揃えています。